起業を目指す人のために起業に利用できるさまざまな補助金、助成金を詳しく解説!

あなたの起業を助けてくれる公的な補助金、助成金を徹底解説!

起業時の助成金、補助金とはどういうものか

起業時の助成金、補助金は、どちらも返済しなくていい公的な資金調達制度です。
一見同じような制度ですが、厳密にはこの二つには目的などに違いがあります。

まず助成金とは、厚生労働省の管轄で、主に労働者を守るため、雇用の増加や安定、労働者の能力開発、職場環境の整備、改善のため支給される公的資金で、比較的小額になります。
また要件さえ満たせば支給されやすく、いつでも申請可能なものが大半になります。

補助金とは、経済産業省の管轄で、創業の支援、設備投資など、日本の経済活動を活性化させるために支給される公的資金で、金額が大きくなる場合もあります。
ただ、予算の枠があるため審査が厳しく、条件をクリアしているにもかかわらず負荷とされる場合や、応募の時期も限定されることが多くなります。

また国のほかに、地方自治体が地域活性化の狙いや、民間の企業や団体が社会貢献として行う助成金、保護金もあります。

起業で助成金、補助金を受ける際の注意点

起業する際、審査に通って補助金、助成金を得られるになっても、注意すべき点がいくつかあります。
まず補助金や助成金は、基本的に後払いになるという点です。
補助金、助成金が必要な事業について、例えば会社に事業のため使える300万円の資金がある場合、まずその300万円を使いきり、使途などの内訳を補助金、助成金を出す機関に報告し、認められた時点ではじめて受給できます。

また補助金、助成金とはその名の通り、補い助ける資金であり、受給するためにまず一定額の自己資金があると証明することが必須です。
他にも、金額などのメリットが大きい補助金、助成金には応募が集中するため倍率が高まり、受給できる確率が低くなる。
申請のための書類作成に多大な手間がかかり、それでも確実に受給できるとは限らない。
同じような目的の補助金、助成金の複数需給ができない場合があるなど、さまざまな注意点を頭に入れておかねばなりません。